利用規約

■本規約の適用
本規約は、株式会社ホンゴウJJP事業部(以下「当社」)が提供する株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下「ドコモ」)spモード対応携帯電話利用者向けの備忘メール(以下「本サービス」)について定めるものです。当社は本規約に従い、予告なしに本サービス利用者(以下「お客様」)へのサービスを停止・解約することができます。

■利用資格
本サービスは、spモード対応携帯電話利用者のうち、本規約に同意された方のみ利用することができます。

■利用申込
1.お客様が本サービスの提供を受けるためには、ドコモのspモードサービス端末を通じて当社と「spモード有料情報サービス利用契約(以下「利用契約」)を締結して頂きます。利用契約の締結と同時にサービス開始となります。
2.お客様以外の方からお客様本人名義で本サービスを利用契約または利用契約の解約があった場合でも、お客様本人からの申込または解約があったものとみなします。
3.お客様は本サービスのご利用にあたっては、当社からお客様が本サービスにご登録なさったEメールアドレス及び当社がお客様に提供したEメールアドレス宛にEメール(広告が掲載されているEメールを含む)を配信することを事前に承諾して頂きます。

■利用料
1.お客様は当社に対し情報料として「備忘メール5(5MBコース)」月額120円(税別)または「備忘メール10(10MBコース)」月額180円(税別)のいずれかをお支払い頂きます。当社はいかなる理由に依っても、すでに支払われた情報料を一切返還いたしません。
2.情報料は、お客様のspモードサービス端末を通じて本サービスの契約を締結された日の属する月から本サービスの契約が解除された日の属する月まで、その月数に応じてお支払い頂きます。また、本サービスの契約解除後、再度契約を締結された場合は、原則として再契約を締結した日の属する月を含み利用月数に応じて情報料をお支払いいただきます。
3.コース変更の場合、コース変更月については、「備忘メール5(5MBコース)」と「備忘メール10(10MBコース)」両方の情報料(300円 税別)をお支払いいただきます。
4.本サービスのご利用には情報料の他に別途通信料がかかります。お客様がパケットサービスをご利用の場合には送受信の通信料がかかります。
5.お客様とドコモまたはドコモグループ会社との間で、spモードサービスを利用する上で必要となる契約が解除された場合、利用契約も当該の日をもって解除されたものとします。

■利用料の回収代行
1.お客様がご利用になった情報料はドコモが定めた「契約約款」に基づきドコモが当社に代わって回収することを承諾して頂きます。なお、お客様がドコモの通信料等をクレジットカードにより支払っている場合はクレジット会社より請求されます。
2.お客様がドコモの定める支払期限を過ぎても情報料を支払わない場合、ドコモが当社にお客様の氏名・住所・未払い情報等を通知することを承諾して頂きます。
3.当社がドコモに情報料の回収代行を委託した場合でも、情報料に係る争いについては、お客様と当社との間で解決し、お客様はドコモに対して何ら請求または苦情の申し立てを行わないもとします。

■利用契約の解除
お客様が利用契約を解除される場合は、spモードサービス端末を通じて解除の手続きを行っていただきます。お客様が本サービスに対応していないspモードサービス端末に機種変更された後に利用契約を解除される場合は、機種変更後の当該端末を通じて解除の手続きを行っていただきます。

■サービス及び利用契約の変更
当社は本サービス及び本利用契約を予告なく改訂、追加、変更または廃止することができるものとし、変更または追加した内容を本サービスホームページに掲載した時点以降、お客様には変更または追加された新規約に従っていただくこととします。

■サービスの終了
1.当社は相当の通知期間をもってお客様に通知の上、理由をとわず、本サービスの全部または一部を終了することができるものとします。本通知は本サービスのサイト上での掲示によるものとします。
2.前項により本サービスの全部又は一部を終了した場合、本サービス終了に伴う一切の損害、損失、その他の費用の賠償または補償は免責されるものとします。

■サービスの停止
1.災害、労働争議、停電、本サービスのシステムの故障、その他のやむを得ない事情、または当社の都合により、本サービス自体、または本サービスの一部を停止することがあります。
2.前項によりサービスが停止した場合、当該サービスの停止につき当社に重大な過失がある場合を除き、当社はお客様に対し一切の責任を負わないものとします。

■禁止行為
お客様は、本サービスに関して次に掲げる行為をしてはならないものとします。
1.当社、ドコモ及びその他の第三者の権利を脅かしたり、制限したり、もしくは妨害したり、またはそのおそれのあるような行為。
2.公序良俗に反する行為。
3.一切の法律に違反する行為、または違反するおそれのある行為。
4.他の利用者や第三者のプライバシー権を侵害する行為、または誹謗中傷する行為。
5.当社、ドコモや他の利用者や第三者に損害を与える行為、または知的財産権を侵害する行為。
6.当社の許可無くして本サービスを利用して営業を行う行為。
7.本サービスに支障をきたすおそれのある行為。
8.利用契約に係る権利または義務などの第三者への移転または譲渡。

■利用の停止
1.当社は、お客様が次に掲げるいずれかに該当する場合、何ら通知または催告なしにお客様に対する本サービスを停止し、または利用契約を解除することができるものとします。
1)本契約「禁止行為」のいずれかに該当し、または該当するおそれがある場合。
2)本契約に違反した場合。
3)当社が不適当と判断した場合。
2.お客様は前項の処分に対し、一切の異議を申し出ないこととし、当該処分を受けたことにより、何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも当社及びドコモは一切責任を負わないものとします。

■免責
インターネットの特性上、ネットワークトラブル等の事由により、Eメールの配送遅延や不達が発生した場合、それに伴う一切の損害、損失、その他の費用の賠償または補償は免責されるものとします。

■情報の開示
当社は、お客様の本サービス利用に関して、捜査当局から刑事訴訟法第197条2項によって情報照会があった場合、個人情報保護法第23条第1項第1号(法令に基づく場合)に基づき、照会内容について情報を開示するものとします。

■損害賠償
1.お客様の本契約に反した行為または違法な行為によって当社が損害を受けた場合、当社は当該利用者に対して損害賠償請求ができるものとします。
2.本サービスのご利用にあたり当社の責に帰す事由により、お客様が損害を被った場合、当社は当該月に限り、契約コース情報料に相当する金額を以って当該損害を賠償するものとします。但し、当社の故意または重大な過失に基づく損害については、この限りではありません。

■協議事項
本契約に定めのない事項について、当社とお客様との間に疑義が生じた場合には、双方誠意をもって協議解決するものとします。

■専属的合意管轄
お客様との間で疑義または争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には「熊本地方裁判所」または「熊本簡易裁判所」を専属の管轄裁判所とします。本サービスの利用並びに本利用条件の解釈及び適用は、日本国法に準拠するものとします。本サービスをご利用されるお客様はこの準拠法及び裁判管轄に同意されたものとみなします。

<付則>本契約は2010年07月27日から適用します。